生活・ニュース

10歳のユーチューバーゆたぼんの不登校の理由は担任への不信感?決断できたのは父の影響?

ゆたぼんの画像

 

 

いじめや不登校に悩む生徒が多い昨今。

 

「不登校は不幸じゃない」と強いメッセージを発信している10歳のユーチューバー「ゆたぼん」こと中村逞珂(なかむらゆたか)くん。

 

中村逞珂くん自身も小3にして不登校という決断ができたのは、父親の存在が大きく関わっていました。

 

この記事では、ゆたぼんこと中村逞珂くんが不登校になったきっかけや、不登校という大きな選択ができた理由についてまとめます。

 

中村あいりの画像
不登校ユーチューバーゆたぼんの姉は中村あいり!家族から見放されホームレス? 不登校ユーチューバーゆたぼんのお姉さんで中村家の長女中村あいりさんが家族に見放されてかわいそうだとネットで話題になっています。 ...

 

 

中村逞珂(ゆたぼん)の不登校のきっかけは担任への不信感?

 

ゆたぼんこと中村逞珂くんが学校を不登校になった理由を下記のように話していました。

ゆたぼんが学校に通わなくなったのは小学校3年生の時。宿題を拒否したところ、放課後や休み時間にさせられ不満を抱いた。担任の言うことを聞く同級生もロボットに見え「俺までロボットになってしまう」と、学校に通わないことを決意した。

引用:琉球新報(https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190505-00000002-ryu-oki)

 

また、中村逞珂くんは自身のユーチューブチャンネルで「先生に叩かれた先生は叩いていないと嘘をついた」とも話しています。

 

中村逞珂くんは担任の先生に対する強い不信感があったことが理由で不登校という決断をした可能性もあるのではないでしょうか。

 

中村逞珂くんの不登校以外にも理由があるかもしれませんが、中村逞珂くんの家族は不登校を決断した約1年後に大阪から沖縄へ移住してしまいます。

 

現在は、完全に不登校というわけではなく「学校は行きたい時に行く」という感じで沖縄の小学校に通っているそうです。

 

 

不登校は父親が背中を押してくれた?

 

中村逞珂くんが学校を不登校になることを決断するにはかなり勇気が必要だったと思うのですが、その背中を押しをしてくれたのは、父である中村幸也(なかむらゆきや)さんだと言われています。

ゆたぼんの父の画像

中村逞珂くんの父親は、心理カウンセラーとして活躍していて著書も出版しています。

 

父、中村幸也さんのアメブロのプロフィール欄のメッセージを見てみると、中村逞珂くんが不登校になった理由と共通する部分がありました。

これからの時代は自分の好きな事、やりたい事をしながら生きられる時代。ロボットのように働くだけの労働者ではなく、自分の好奇心に素直に従いながら、どんどん新しい扉を開いて生きて、そんな生き方をする人たちを増やしていきたいです。
僕のように中卒の元暴走族でも本を出版する事はできるし、大人になり、結婚して、子どもができても、遊びながら自由に生きる事だって出来る。今後も自由に自分の好きなように生きながら、次の本を書く事にも繋げていこうと思っています。

現在はカウンセリング、執筆活動、ブログ、メルマガなどの情報発信を中心に活動。2019年3月16日(土)には不登校の天才YouTuberゆたぼんと一緒に沖縄で親子講演会をします。

引用:アメブロ(https://profile.ameba.jp/ameba/yukiya-happy)

 

「担任のいうことを聞くだけのロボットになりたくない」「自由に生きたい」というメッセージは中村逞珂くんも発信していました。

 

中村逞珂くんは、父である中村幸也さんの影響を強く受けているんですね!

 

そんな、父、中村幸也さんの経歴もなかなかにパンチがあると話題になっていました。

大阪府茨木市に生まれる。中卒。元暴走族。
現在は心理カウンセラー、あきらめる生き方の専門家、禁煙カウンセラー。
中学時代はかなりのやんちゃ坊主。盗んだバイクでグランドを走りまわり、タバコを吸いながら廊下を堂々と歩く。
中学卒業後、すぐに就職し働き始めるが、3ヶ月で辞める。
のちに20回以上転職を繰り返す。
暴走族の副総長となる。恐喝、窃盗、傷害、暴走、喧嘩、シンナー、麻薬、覚醒剤・・・etc

引用:ハート出版(http://www.810.co.jp/author/nakamura-yukiya.html)

 

父、中村幸也さんも小さい頃に「何のために学校に行くのかわからない」「好きなことをして自由に生活がしたい」と思っていた経験もあったことから、中村逞珂くんの背中を後押ししてくれたのでしょう。

 

 

 

ネットの反応

 

ネットでは中村逞珂くんの不登校を決断したことについて賛否が分かれているようです。

肯定的な意見

否定的な意見

 

中村逞珂くんがユーチューバーとして取り上げられたニュースにに対して、高須院長は苦言を呈していました。

個人的には、不登校を選ぶことも選択肢の一つだとは思います。ただ、世の中こと全てが自由では通らないことも多いですし、好きなことだけで生きていく過程には大きな努力があることの理解が必要でしょう。

 

 

まとめ

 

ゆたぼんこと中村逞珂くんが不登校になったきっかけや、不登校という大きな選択ができた理由についてまとめました。

 

様々な意見はありますが、やりたいことや熱中できることがあって、学校に行くことに意味が見出せず時間を無駄にしてしまうくらいなら、学校に通わない選択というのもアリなのかもしれません。

 

まだまだ、理解されない部分はあるかもしれませんが、中村逞珂くんの活躍に期待したいと思います。