日本一高いバンジージャンプ茨城県にある「竜神大吊橋」で、高さはなんと100メートル

日本一のバンジーに挑戦してみたいと思い、飛んできたので、感想と料金やアクセスについてもご紹介します^^

 

バンジージャンプ「竜神大吊橋」の感想

竜神大吊橋のバンジージャンプを飛ぼうと思った理由

私が飛んだのは2017年の年末です。

年の終わりに思い出を作ろうということで、職場の同期と2人で行きました。

今までバンジージャンプを飛んだことは無かったのですが、人生で1度は飛んでみたいと思っていて、せっかくなら日本一に挑戦しようと思い「竜神大吊橋」に決めました。

竜神大吊橋バンジージャンプの画像

竜神大吊橋のバンジージャンプを飛ぶ前

まずは受付をして料金を支払い、体重を計り、

私たち以外にバンジージャンプをしに来ていた2人組と合計4人のグループになって、橋の上に向かいました。

 

ジャンプをする場所はちょうど橋の真ん中あたりにあり、そこに近づくほどドキドキが止まりませんでした。

橋の真ん中に来たら、階段で少し下におりた所にジャンプする場所があったのですが、その階段も狭くて急で、下が丸見えだったので怖かったです!

 

ジャンプをする場所に来たら、ワイヤーなどの器具を着けてもらい、説明を聞きました。

竜神大吊橋バンジージャンプの画像

↑この人形で実際にワイヤーをつけて説明を受けました。

人形がなんだか怖かったです。笑

 

そして、一人一人順番にジャンプ台へ行き、スタッフの人の「3、2、1、バンジー!」の合図で自分の意思でジャンプです!

 

スタッフの人に押されたりするわけではなく、自分の意思でジャンプするので、勇気が必要です。

一発で飛べない人もいるようですが、私は一度躊躇したら余計に怖くなってしまうと思ったので、一度で行こうと決めていました。

 

飛ぶ前の瞬間が一番ドキドキして怖かったですが、もう勢いで行くしかないと、あまり何も考えないようにして最初の合図で飛びました!

 

竜神大吊橋のバンジージャンプを飛んでいる時

飛び出したらもうあとは、されるがままという感じなのですが、意外と浮遊感は感じなかったです。

「ふわっと浮いている」というよりは、「ただ落ちている」という感覚でした。

 

落ちている時間は約4秒とのことですが、結構長く感じました。

恐怖感はジャンプする直前と直後が一番大きくて、一度落ち始めたらあまり怖くはなかったです!

 

竜神大吊橋のバンジージャンプを飛んだ後

一度落ちたあとは、何度かバウンドします。

落ちるときは頭が下向きになっているのですが、自分で紐を引っ張ると身体の向きが反対になって、頭が上になります。

竜神大吊橋バンジージャンプの画像

そして、頭が上になったらスタッフの人にロープを引き上げてもらい、少しずつ上に上がっていきます。

この時は達成感もありましたが、アドレナリンがすごくて何が何だか分かりませんでした。

 

 

バンジージャンプ「竜神大吊橋」の料金

竜神大吊橋のバンジージャンプの料金は、16,000円です!(結構高いですよね)

同じ日に2回ジャンプする場合は、2回目は 7,000円になるそうです。

私は1回で十分だと思いました。

本当に怖かったので、多分もう2度と飛ぶことはないと思います・・・。

 

バンジージャンプ「竜神大吊橋」へのアクセス

住所

〒313-0351
茨城県常陸太田市天下野(けがの)町2133-6

天下野町は「けがのちょう」と読みます!

最初「てんかのまち」かと思いました。笑

カーナビで入力する際は「けがのちょう」と入力しましょう^^

 

私は車で行きましたが、電車やバスで行くこともできます。

電車の場合は「常陸太田駅」からバスに40分ほど乗る必要があります!

 

竜神大吊橋公式ホームページから詳しいアクセス情報が見られます。

 

まとめ

日本一高いバンジージャンプ「竜神大吊橋」の感想と料金・アクセスについてご紹介しました^^

思い出作りに、日本一のバンジージャンプを飛んでみてはいかがでしょうか?