生活・ニュース

パチンコ店で少年が転落した場所がヤバイ!廃墟でも不法侵入で罰せられる?

パチンコ店の画像

 

三重県鈴鹿市のパチンコ店だった建物の2階から転落して18歳の会社員が命を落とすという事故が発生しました。

三重県鈴鹿市のパチンコ店だった建物で、探検をして遊んでいた18歳の少年が2階部分から転落して死亡しました。

鈴鹿市北長太町のパチンコ店だった建物で、19日午前2時半すぎ、男性から「一緒にいた友人が駐車場で倒れている」と119番通報がありました。

救急隊が駆けつけると、近くに住む18歳の会社員の少年が駐車場でうつ伏せで倒れているのが見つかり、病院へ運ばれましたが、全身を強く打っていて約2時間半後に死亡しました。

死亡した少年(18)は19歳の兄と、地元の同級生の男性3人のあわせて5人で建物に入り、廃墟探検をして遊んでいたということで、警察は2階の扉を開けて進もうとしたところ、誤って8メートルほど下に転落したとみて事故原因などを調べています。

少年は友人らと5人で午前1時半ごろから、自宅近くの廃屋の「探検」をしていた。2階にある観音扉を開けて先に進もうとしたが、足場がなく、7~8メートル下の駐車場へ転落したという。

引用:Yahooニュース

 

「パチンコ店だった建物(廃墟)を探検していて〜」というニュースを見て、小・中学生のイタズラかと思いましたが、18〜19歳の会社員の5人で侵入していたそうです。

 

この記事では、転落事故が発生したパチンコ店の場所や転落場所、不法侵入に問われるのかについてまとめます。

 

 

転落事故が発生したパチンコ店

 

転落事故が発生した建物は、三重県鈴鹿市北長太町にあった元パチンコ店です。

住所:三重県鈴鹿市北長太町157-5

 

建物の裏側にあるピンクの扉から8m下に転落したものと思われます。

警察が駆けつけた時間が午前2時ということを考えると、真夜中に侵入した可能性があるので、扉を開けた先に床がないことも気付かなかったのでしょう。

 

廃墟に入ると不法侵入で罰せられる?

 

今回のパチンコ店の場合は、駐車場部分にソーラーパネルを設置していて、土地としては機能させているので管理人がいるはずなので、そもそも廃墟ではないと考えられます。

 

そのため、今回侵入した方は「住居侵入罪」「建造物侵入罪」で罰せられる可能性があるでしょう。

刑法130条で「正当な理由がないのに、人の住居若しくは人の看守する邸宅、建造物若しくは艦船に侵入し、又は要求を受けたにもかかわらずこれらの場所から退去しなかった者は、三年以下の懲役又は十万円以下の罰金に処する」と定められています。つまり、住居侵入です。

引用:moneypost

 

では、管理者のいない廃墟であれば侵入しても違法ではないのかというと、そうではありません。

 

廃墟だからと言って、無断で入ってしまうと「軽犯罪法違反」で罰せられる可能性があります。

廃墟でも、施錠されていなかったり管理人がいないなど「人が住んでおらず、且つ、看守していない邸宅、建物又は船舶の内に正当な理由がなくてひそんでいた者」は軽犯罪法違反で処罰されます。この他、仮に施錠等がなくても、看板などで立入りが禁止された場所に正当な理由なく入った場合にも軽犯罪法違反となり、30日未満の拘留又は1万円未満の科料に処せられます。

引用:moneypost

 

廃墟は、建物の老朽化で危険ですし、階段や床が撤去されているなど、思わぬ事故に巻き込まれやすい環境です。

 

事故が起きても自業自得となるだけですので、無断で侵入するのはやめましょう。

 

 

まとめ

 

転落事故が発生したパチンコ店の場所や転落場所、不法侵入に問われるのかについてまとめました。

 

今回のパチンコ店の場合は既に潰れてしまっていますが、駐車場部分にソーラーパネルを置いていることから管理者がいて廃墟ではないことがわかり、

 

そのため、無断で侵入すると「住居侵入罪」「建造物侵入罪」で罰せられる可能性があることがわかりました。

 

たとえ廃墟であったとしても「軽犯罪法違反」になりますので、むやみに廃墟に立ち入ることはやめましょう!