生活・ニュース

[大津市保育園児の交通事故]運転手が2人とも逮捕された理由は?状況から分析

滋賀県事故の画像

 

2019年5月8日午前10時15分ごろ、大津市大萱6丁目の交差点で車2台(乗用車と軽自動車)の衝突事故があり、弾みで1台(軽自動車)が信号待ちしていた保育園児13人と保育士3人の列に突っ込むという痛ましい事故が起こりました。

 

現在、男児1名と女児1名の2名が命を落としてしまっていることがわかっています。

 

その後、自動車運転処罰法違反過失傷害)の疑いで、乗用車を運転していた同市一里山の無職、新立(しんたて)文子容疑者(52)と、軽乗用車を運転していた同市若葉台、無職、下山真子(みちこ)容疑者(62)を現行犯逮捕されました。

 

保育園児の列に突っ込んでしまった軽自動車に乗っていた女だけでなく、その前に衝突事故を起こしていた乗用車に乗った女も逮捕されました。

 

この記事では、事故の状況から2人が逮捕された理由についてまとめます。

 

 

滋賀県大津市交通事故の状況

 

「レイモンド淡海保育園」には園庭がないため、保育園児との散歩が日課となっていました。

 

この日も保育園児13人と保育士3人で「レイモンド淡海保育園」から琵琶湖の緑地帯に向かっていた際、信号待ちをしていたところ軽自動車が突っ込んできました

滋賀県事故の画像

 

自動車の状況

 

軽自動車が直進しようとしたところ、右折しようとしてきた乗用車にぶつかり、そのはずみで、軽自動車は信号待ちしていた保育園児の列に突っ込んでしまったようです。

滋賀県事故の画像

軽自動車は乗用車にぶつかったことがきっかけで保育園児の列に突っ込んでしまったため、事故によっては書類送検されるケースもありますが、おそらく軽自動車側もスピード超過など自動車運転処罰法に触れる原因があったものと思われます。

 

そして、実際に保育園児の列に突っ込む前に発生した、衝突事故は乗用車に過失があるため、どちらの運転手ともに自動車運転処罰法違反過失傷害)の容疑で現行犯逮捕という形がとられたのでしょう。

 

事故が実際に起こった場所は、見晴らしの良い交差点で、なぜこのような事故が起こってしまったのでしょうか。

 

横断歩道前で信号待ちをしていただけでも、このような事故に巻き込まれてしまう可能性があることが恐ろしいです。

 

 

 

まとめ

 

滋賀県大津市の交通事故で運転していた2名とも現行犯逮捕された理由を事故の状況から分析しました。

 

悲惨な交通事故が後を絶ちません。

 

2度とこのような事故が起こらぬよう、ドライバーの意識が必要です。