生活・ニュース

新木場駅で痴漢した男が線路内に逃げ12mの高さから転落!逃走する動画も!

新木場駅の画像

 

電車で痴漢をした男性が、駅員に引き渡される瞬間に線路内に入って逃走してしまう事件が後を絶ちません。

 

ゴールデンウィークも終盤、2019年5月4日に事件は発生しました。

 

なんと、電車内で下半身を露出した男性が、痴漢で駅員に引き渡される瞬間にホームから逃走し、約12メートル下の道路に転落したというのです。

 

JR京葉線の車内で下半身を露出した男が新木場駅(東京・江東区)のホームから線路を逃走し、約12メートル下の道路に転落した。

4日10時半ごろ、駅員から「痴漢の男が逃走した」と通報があった。50代とみられる男は京葉線下りの車中で、下半身を露出していたところを女性の乗客に目撃された。女性が声を上げ、他の乗客が取り押さえた。

新木場駅に停車後、駅員に引き渡そうとしたところ、男は線路に飛び降りて逃走し、フェンスを乗り越えた際に誤って高架下に転落した。東京消防庁によると、両足を骨折するなど重傷だが、意識はあるという。警視庁は男の回復を待ち、公然わいせつなどの疑いで捜査する方針。男が逃走する模様は、SNSに動画で投稿された。

引用:日刊スポーツ(https://www.nikkansports.com/general/nikkan/news/201905040000798.html)

 

過去に冤罪から逃れるために逃走するケースもあるようですが、今回は下半身を露出した現場を押さえられているので、完全な黒

 

それでも、痴漢男性は諦めず線路に飛び降りてフェンスを乗り越え、新木場駅構外へと逃走を図ります。

 

その結果、痴漢男性は約12mもの高さから道路へ落下してしまいます。

 

 

この記事では新木場駅で痴漢をした男性が転落した場所や、逃走する動画についてまとめます。

 

 

痴漢男性が落下した場所

 

痴漢した男性は線路に飛び降りて逃走し、フェンスを乗り越えた際に誤って高架下(12mの高さ)に転落したと報じられていまいたが、一体どこから落ちてしまったのでしょうか。

 

新木場駅のホームから痴漢男性が落下した場所を確認しました。

 

新木場駅の道路側にはフェンスが設置されているのですが、一部の箇所は低くなっています。

 

高さは、線路のレール幅と同じくらいと考えると低い箇所のフェンスの高さは約1メートル強。大人の男性であれば簡単に超えられる高さです。

 

そして道路側から見ると、フェンスを越えた先がどれだけの高さかわかります。

 

下手したら命を落としていた可能性もあるのでは無いでしょうか。

 

 

痴漢男性が逃走する動画は?

 

その痴漢男性が逃走する様子とされる動画がツイッターで投稿されていました。

この動画だけではわかりにくいですが、奥の方で逃走している人影のようなものが見えますね。

 

ネットの反応

骨折をして重傷を負っていることに「自業自得だ」という声。そりゃそうですよね。

 

 

まとめ

 

新木場駅で痴漢をした男性が転落した場所や、逃走する動画についてまとめました。

 

痴漢男性は逃げることに必死で、フェンスを越えた先で待ち受ける12mもの高さに気づかなかったのでしょう。

 

痴漢男性は両足を骨折するなど重傷を負いましたが意識はあるようなので、回復後は公然わいせつ容疑で逮捕されるでしょう