アーティスト

AAA浦田直也が暴行容疑で逮捕!原因はメンバー人気最下位だったことへの不満?

浦田直也の画像

 

6人組の人気グループ「AAA(とりぷるえー)」のリーダー浦田直也(うらたなおや)容疑者が、面識のない女性に平手で殴ったとして暴行容疑で逮捕されました。

 

この記事では、浦田直也容疑者が逮捕された状況や殴ってしまった理由についてまとめます。

 

 

浦田直也のプロフィール

浦田直也の画像

名前  :浦田直也(うらたなおや)
生年月日:1982年11月10日
出身地 :東京都
身長  :177cm
血液型 :B型

 

浦田直也容疑者は人気グループAAAのリーダーも務めていて、責任ある立場であるにも関わらず、このような事件を起こしてしまいました。

 

 

浦田直也容疑者が起こした事件の概要

 

2019年4月19日午前5時頃、東京都中央区月島のコンビニで浦田直也容疑者が面識のない女性に声をかけました。

 

コンビニでの会話

浦田直也容疑者:一緒に飲みに行かない?俺はAAAのメンバー、知らないの?
面識のない女性:知らない

 

女性が浦田直也容疑者のことを知らないと言って飲みに行くことを断ったところ、浦田直也容疑者は逆上して、女性に平手で1回殴ってしまいました。

 

浦田直也容疑者は酒に酔っていて「酒に酔っていて覚えていません」と容疑を否認する供述しているようです。

 

酒に酔っていたからと言って許されることではないですよね!

 

今回、浦田直也容疑者は暴行容疑で逮捕されましたが、今後、どのような流れになるのか見て見ましょう。

 

 

浦田直也容疑者が逮捕された後の流れ

 

暴行容疑で逮捕された後の流れは以下のようになります。

逮捕後48時間以内…警察による取り調べ、検察庁への送致の決定
送致後24時間以内…検察官による勾留の検討、裁判所への勾留請求
勾留決定後…原則10日間、延長10日間の身柄拘束
勾留期間満了まで…起訴・不起訴の決定

 

浦田直也容疑者は、現在、警察による取り調べを受けている段階だと考えられます。

 

そのまま、起訴され正式に逮捕となってしまえば、刑法208条により有罪判決を受けた場合は2年以下の懲役、30万円以下の罰金、拘留、科料のいずれか」が課せられてしまいます。

 

浦田直也容疑者は不起訴となり早期釈放示談に持ち込むために、すでに弁護士を依頼しているはずです。

 

短ければ逮捕後3~13日間で身柄解放される可能性もあるそうです。

 

浦田直也容疑者が事件を起こしてしまった理由

 

グループで活動しているタレントはメンバー内の人気ランキングをつけられることは必至です。

 

もちろん、AAAのメンバー人気ランキングもあって、最下位はだいたいリーダーの浦田直也容疑者でした。

 

浦田直也容疑者の人気が下がった原因は過去にも酒に酔った勢いでTwitterで炎上していたことでした。

 

・TwitterでのファンへLIVEに「来なくていいよ?」発言
浦田直也の画像

・浜崎あゆみとのラブラブTwitter誤爆で泥酔して「ayuに死にほど会って抱きしめたい」などを連投していた

 

 

AAAのリーダーとは思えない行動と問題発言で、AAAのグループとしての人気にさえ悪影響とも言われてしまっています。

 

AAAファンからの評価を気にしている最中、女性から「知らない」と言われたことで、怒りが込み上げて女性に暴行してしまったのかもしれません。

 

追記

 

浦田直也容疑者は暴行容疑で逮捕された翌日の2019年4月21日に釈放され、同日の20時から謝罪会見を行いました。

浦田直也の画像

浦田容疑者の謝罪コメント

 この度は私のあってはならない行動により、被害者の方へ大変なご迷惑をおかけしたことを心よりお詫び申し上げます。大変申し訳ございませんでした。

 自分の立場があるのに泥酔をし、記憶をなくすまで飲み、あってはならない行動をしたことを本当に心から反省し、心からお詫び申し上げます。申し訳ございません。

 ファンの皆さま、そしてAAAのメンバー、関係者の皆さま、家族、本当にたくさんの方にもご迷惑をおかけしました。本当に申し訳ございません。

 私、浦田直也はすべての活動を自粛し、皆さまに謝罪の気持ちを重ねていきたいなと思っております。それが今、取るべき行動だと思っております。

 本当に被害者の方へ、心よりお詫び申し上げます。申し訳ございません。

引用:スポニチ(https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2019/04/21/kiji/20190421s00041000420000c.html)

 

浦田直也の画像

報道陣との一問一答

 ――どんな飲み方をしていたのか
浦田容疑者:友人と何人かで食事から始めて。本当に楽しい時間のはずだったんですけど、どんどんどんどん飲み過ぎてしまって。最後の方には記憶をなくしてしまって、このようなご迷惑をおかけしてしまいました

 ――何時ぐらいからどれぐらいの量を飲んでいたのか
浦田容疑者:もう夕方…夜19時ぐらいから朝方4時ぐらいまで。もうかなりの量を…はい、飲みました

 ――記憶はどのあたりからないのか
浦田容疑者:最後の方ですね。最後の方、2時間ぐらいからもう記憶がなく…はい。とにかく飲んでしまいました

 ――夜中の何時ぐらいから
浦田容疑者:もう記憶がないのでハッキリとは言えないんですけど、夜中の2時ぐらいからもうかなりの量を多分飲んで、もう全く覚えてない状態です

 ――記憶が戻ったのはいつか
浦田容疑者:翌日、目が覚めてからです。翌日はまだ家にいたので、自宅で目が覚めました。19日のお昼ごろです

 ――そこからどういう形で警察に?
浦田容疑者:その翌日です。翌日の朝に警察の方が来て『こういう行動があったのを分かるか?』と言われたので『正直、記憶にありません』と。『酔っていたので分かりません』と。正直にハッキリお答えしました

 ――本当にまるっきり記憶がなかったのか
浦田容疑者:はい。まったく本当になくて。正直最初は何のことを言われてるんだろうと。何をやってしまったんだろうと。本当にお酒を飲んでて楽しい時間を過ごしただけだったはずなのに、どうしていつの間にかこんなことになっているんだろうって自分でも分からなくなるぐらい。どうしてこんな事態になっているんだろうっていう状態でした

 ――コンビニエンスストアに行ったことは覚えているか
浦田容疑者:もう酔っぱらっていたので、本当にお店を出る最後2時間ぐらい前から…そこも2時間ていうのは正確ではないですけど、2時間ぐらい前から自分がどんな行動をしたのか、すべてが分からないので、そこも分からない状態です

 ――自分がしたことを聞いた時はどんな気持ちに
浦田容疑者:う~ん…。最初は、そうですね。やっぱり聞いた時、驚いたのが正直な気持ちなのと、もうその後からすぐに何てことをしてしまったんだってことと、被害者の方へ本当にそんなご迷惑なことないし、そんな自分的にも情けないことをしてしまったのが本当に悔しかったです

 ――面識のない女性に対して暴力ということだが、どれぐらいの暴力だったのか
浦田容疑者:それも覚えていないので。自分がこんなことをしたっていうのが分からないです

 ――一緒に飲もうと誘って断られて…ということだが
浦田容疑者:本当に正直何も覚えていないので、何があったのかは、何をしゃべったのか、何をしてしまったのかは、自分の記憶には残っていない状態です

 ――断片的にも覚えていないのか
浦田容疑者:はい。断片的にも、どうやって帰ったかも覚えていないです。

 ――日頃からそのような飲み方をしていたのか
浦田容疑者:時々…そうですね。友人とかからも『きのうはすごい量飲んでたね』って注意されることもありましたし、自分でも、ああ、きのうは飲み過ぎてしまったな、記憶がないなって時もあったので、気を付けるべきだったんですけど、それこそ本当に立場を考えずに今回のことをしてしまったので

 ――今後、お酒との付き合い方は
浦田容疑者:もちろん。もう正直、一切飲まないです、はい、それは。絶対にもう飲むつもりもなければ、飲みたいとももう思わないです、はい

 ――酔って女性に声をかけるということは今までもあったのか
浦田容疑者:いや、ないです。なかったです、はい。ないと思います。なかなかそういうことをするタイプではないので、はい。…とは思っているのでないと思います

 ――では、なぜ今回このようなことになったと自分では?
浦田容疑者:う~ん…。何があったわけでもなく、こういうきっかけがあったからっていうのがあるわけでもなく、本当にただ飲み過ぎて、本当にただ楽しくなって…っていう状態だったはずなのに、なぜこうなったかが自分でも本当に分からないので。だからといって分からないから知らないではなく、その分からない自分に本当に悔しいし、こんな情けない大人になってしまったんだと本当に悔しく思います

 ――今までナンパをしたことは?
浦田容疑者:正直、したことないです、はい

 ――女性に手をあげるというのは?
浦田容疑者:ないです、はい

 ――その行為を自分がしてしまった
浦田容疑者:本当にその被害者の方へ本当にご迷惑なことをしたなと思うのと、やっぱり本当に自分が情けないです、はい

 ――被害者とはどういう形に?
浦田容疑者:代理人の方にお任せしているので、はい。そちらから、はい。聞いているという感じです

 ――どれぐらいの暴力をふるったのか警察からは聞いたのか
浦田容疑者:そちらも警察の方が今、お話をしているところなので、僕もまだ詳しくは聞けていないので、はい

 ――釈放後、AAAのほかのメンバーとは?
浦田容疑者:まだ今本当に自分がこういう状態で、今自分の心の整理がまだついていない部分もたくさんある中、今はとりあえず自分の、とにかく自分の活動をすべて今自粛させていただこうってことを決意して、それをまだ会社とも話している最中なので、今はまだそこだけしか胸に、心に決めていないので、はい

 ――メンバーに対する思いは
浦田容疑者:もう本当に一緒に頑張ってきたメンバーに、こんな情けない形でこんな裏切り方をしてしまったことは、もう言葉にできないですし、謝っても謝りきれないですし、はい。本当に申し訳ない気持ちでいっぱいです

 ――リーダー…ですよね?
浦田容疑者:はい。本当にそうですね。こんなリーダーで、本当に申し訳ないなっていう。今はもう本当にそういう気持ちで、はい。そうですね。胸がいっぱいになってしまいます

 ――今後、ツアーもある
浦田容疑者:僕自身は活動すべて自粛させていただくんですけども、あとは会社と今話し合っているところですし、これからきっと色々また色々なことが出てくると思うので、まだそこは今会社と話をしていないのでお話をできないんですけど、はい。という感じです

 ――釈放されるまでの時間はどのように過ごしていたのか
浦田容疑者:そうですね…。やっぱり…その被害者の方への本当に申し訳ない気持ちでまずはいっぱいで、そこからメンバーに対しての申し訳ない気持ちでいっぱいで、ファンの皆さま、スタッフへの、家族への申し訳ない気持ちでいっぱいで。…で、自分の情けない気持ちでいっぱいで。不安な気持ちでいっぱいで。でもとにかく本当に第一は被害者の方へ本当に申し訳ない気持ちでいっぱいだったので、はい

 ――直接謝罪することは考えているか
浦田容疑者:そうですね。代理人の方にお願いしているところなので、はい

 ――当日、どんな種類の酒を飲んだのか
浦田容疑者:もうとにかく、その日に限っては量もすごかったですけど、いろんなお酒を飲みました。もうワインからウイスキーから本当にたくさんのお酒を飲んだので、正直言うと、それさえも、いったい自分が何を飲んでたのかも分からなくなってしまうぐらいの状態にはなっていたので、はい。もう後悔しても戻れないですし、そこを言っても仕方ないので、とにかく本当に情けない自分と謝罪の気持ちで、はい。申し訳ない気持ちで…

 ――記憶では何杯ぐらいまで飲んだか覚えているのか
浦田容疑者:記憶があったとしても何杯飲んだか分からないぐらい飲んだ泥酔状態でした

 ――どうしてそこまで飲んだのか
浦田容疑者:楽しかったからだと思います、最初は。楽しかったから、ただただ飲んでいたら、そうなっていってしまって、そんなあり得ない行動をとってしまうぐらいの酔い方をしてしまったんだなと思います

 ――何人ぐらいで飲んでいたのか
浦田容疑者:友達たくさんで飲んでいたので。10人もいなかったですけど

 ――事件は友人が帰った後か
浦田容疑者:友人といる時からもう記憶がなく、もういつ帰ったのかも分からず、どういう状態だったのか分からない感じです

 ――現場のコンビニエンスストアはいつも利用している場所か
浦田容疑者:それも分かってない状態です、今。どこなのか、なんなのかも分からない。とにかくもう最後のお店で飲んでる最後の方からまったく記憶がないので、はい

 ――自宅の近くのコンビニ?
浦田容疑者:分かんないです、それも、はい

 ――「オレはAAAだぞ」と言ったと報道されている
浦田容疑者:正直、記憶には本当ないですけども、もしかしたらそういう、ちょっと強気になってしまう部分も出てしまうような飲み方をしてしまって、酔い方をしてしまっていたのはあるのかなあって、はい。本当に記憶がないので、自分で分からないんですけど、はい

 ――今まで自分の方から自分がそういうグループをやっているということを言ったことは?
浦田容疑者:ないです、ないです。ないです、はい

 ――日頃からリーダーとして、芸能人としての自覚は持っていたのか
浦田容疑者:う~ん…。もしかしたら、その自覚があったとしたら、今回のようなことはなかったかもしれないので。自分では持っていたつもりだけであって、リーダーとしての自覚が足りなかったのかもしれないです

 ――今まで酒癖が悪いと指摘されたことはあるか
浦田容疑者:酒癖が悪いとは言われたことはないですけど、飲みすぎだよって言われたりとか、気を付けた方がいいよって言われたことはあったんですけど、自分では楽しいお酒を飲んでいるつもりだったので、そんなことをするとは思っていなかったので

 ――今まで酒を飲んで暴れたこともなかった?
浦田容疑者:なかったと思います

 ――記憶をなくしたことは?
浦田容疑者:記憶をなくすことは、お酒を飲む機会が多くてお酒が好きなんで、好きだったので…まあ…いっぱいありました

 ――何度か記憶をなくすことがあったのなら、自覚があれば気を付けることもできたのでは?
浦田容疑者:そうですね…。だから自覚がなかったのかもしれないです。だからこういう今回のような本当に申し訳ないご迷惑をおかけしてしまったんだなという…本当に情けない気持ちでいっぱいです

 ――家で目覚めたときというのはどういう状況だったか
浦田容疑者:その日は完全にああ、前の日飲みすぎたな、記憶がないな、なんも覚えてないな、という状態です

 ――ちゃんとベットに入って寝ていたのか
浦田容疑者:はい。寝ていました

 ――家には帰れたのか
浦田容疑者:はい。帰れていました

 ――警察が来て初めて知ったのか
浦田容疑者:そうです。もう何も覚えていなかったので、警察の方が来て、自分がそういうことをしたっていうのに気付いた

 ――警察は何時ごろ来たのか
浦田容疑者:翌日の朝ですね。午前8時くらいです

 ――その時は起きていたか
浦田容疑者:起きてなかったです

 ――警察に起こされた?
浦田容疑者:はい。そうです

 ――今後、自粛したら具体的にどのように過ごすのか
浦田容疑者:今は本当に今の状態の今の気持ちでそういうお話を会見させていただいたので、とにかく今は、自粛させていただいて、本当に謝罪の気持ちを皆様に伝えていければなという感じなので、この先のことは本当に今は、今の状態ではまだ考えられる状態ではないので、はい。今は活動中止したいなという

 ――すでにメンバーが、出るはずだったイベントを出なくなったりしているなど影響が出ていると聞いたが
浦田容疑者:そこはまだ会社と今、話をしているところなので…

 ――実際にメンバーがイベントに出なくなったという事実については
浦田容疑者:それは完全に僕のせいなので、そこも申し訳ない気持ちでいっぱいです

 ――ファンの方はファンクラブのツアーを楽しみにしていたが、どんな気持ちか
浦田容疑者:僕自身は自粛させていただくので、まだツアー自体は会社と今話している最中なので、どうなるかわからないんですけど、そうですね…どういう方向に行ったとしても、僕自身は自粛させていただくので。メンバーにも迷惑をかけますし。申し訳ない気持ちで

 ――ファンの方に対する思いは
浦田容疑者:そうですね、こういう形で裏切ってしまったことは、本当に情けないですし、悔しいですし申し訳ないです

 ――会えることを心待ちにしていたと思うが
浦田容疑者:そうですね…うん…今は本当に申し訳ないですとしか言えないです

 ――6月以降のアリーナツアーに関しては、本人の意思としては出るつもりはない?
浦田容疑者:僕は、今の気持ちは活動を自粛しようというところなので、期間とかは会社と話しているところなので、そういうところはまだわからないですけど、今は、すべて活動を自粛したいなと思っているところです

 ――そういう気にもなれない?
浦田容疑者:そういう気にもなれないではなく、もちろんライブやりたいですし、ファンの皆さんにお会いしたいですけど、こういうことをしてしまった自分が、しっかり反省をして、また皆さんの前に立つのを…なんていうんですかね…今はそんなことを考えられない状態です。とりあえず今はやってしまった行動と、被害に遭われた方に、被害者の方に申し訳ない気持ち。それがまずはいっぱいなので

 ――一緒に飲んだ友人に話はしたか
浦田容疑者:してないです

 ――自分がどういう状態だったか聞けていない?
浦田容疑者:はい

 ――髪の毛は金髪だったが、どういう意味で染めたのか
浦田容疑者:黒いほうがいいかな、と

 ――謝罪の気持ちということか
浦田容疑者:はい、もちろんです

 ――今まで酒を飲んで記憶をなくして失敗したり、痛い思いをしたことは
浦田容疑者:痛い思いをしたというか、友達から“昨日飲みすぎててすごい騒いでたよ”とか、“昨日はやたらよく笑ってたね”とか“なかなか寝なくてみんな疲れてたよ”とか、そういうことはたくさんありましたけど、まあ、それも失敗と言えるんだと思いますけど、本当にまさか今回みたいなあり得ない行動をしてしまうとは思っていなかったので、そこが自分の自覚のなさだと思います。自覚があれば、その小さい失敗でさえも、きっと気をつけなきゃと思えていたことだったのが、今回のようなことになってしまったので、人としての立場のなさだったのかもしれないです

 ――もうお酒は飲まない?
浦田容疑者:はい。もう飲まないです

 ――警察に向かうときにファンから“リーダーだろ、しっかりしろよ”と声をかけられたが
浦田容疑者:そうやって言われなくても、しっかりしてるリーダーでいたかったです。それでいられなかったことが、もう自分自身が一番情けないです

 ――楽しかっただけと言うが、いつもとは違う行動だった。不思議に思ってしまうが、自分でもわからないということか
浦田容疑者:自分で不思議って言葉で片付けてはいけない行動ですし、ありえない行動なんですけれども、“なぜそんなことをしてしまったんだろう”と本当に反省も後悔もたくさんしていますし…でもまずは、そんなことをしてしまったことに対して被害者の方に申し訳ないって気持ちが本当に今はそこで胸がいっぱいです

 ――活動自粛はいつまで、というメドは?
浦田容疑者:今はそこまで考えられていない状態です

 ――事件当日は休みの日だった?
浦田容疑者:その日はお休みだったので、食事に行きました

 ――丸1日休みで夕方以降から食事に?
浦田容疑者:はい

 ――次の日も休みだった?
浦田容疑者:はい。休みでした

 ――芸能界で今までにもお酒のトラブルはあったが、自分のこととして考えられなかったのか
浦田容疑者:そう考えられなかったから今回のようなあり得ないことをしてしまったんだと思います

 ――記憶がない状態で反省するといっても何を反省するのかと受け止められかねないと思うが
浦田容疑者:記憶がないと言っても、やってしまったのは僕本人だということなので、そこは記憶がないからわからないと言うのではなく、しっかり責任をとって、しっかり謝罪をして、しっかり被害者の方に申し訳ない気持ちを持つことが大切だと思います

 ――取り調べの中で物的証拠や状況証拠が示されたと思うが、それを見ても思い出せなかったのか
浦田容疑者:そういうのは警察の方から見せていただいたりはしていないので

 ――今までメンバーからお酒のことで注意されたことは
浦田容疑者:注意されたことはなかったんですけど、“一番強い”とか“一番よく飲む”とかは言われていました

 ――メンバーは許してくれると思うか
浦田容疑者:許してくれないと思います。許してほしいですし、やっぱり自分がしてしまったあり得ない行動なので、簡単に許してくれとは言えないですし、きっとメンバーも一緒にこんだけ長くやってきていて、メンバーの一人がそういう行動をとったことに簡単に許してはいけないと思っていると思いますし、ちゃんとそこは僕も申し訳ない気持ちでメンバーにもちゃんと謝罪はしたいなと思います

 ――まだやりとりはしていないのか
浦田容疑者:まだです

 ――まず何と言うか
浦田容疑者:まずは、ごめんなさいって言葉しか今は出てこないです

 ――(被害女性を)マンションまで追いかけていったという情報があるが
浦田容疑者:お店を出る2時間くらい前からもう記憶がないので、そこのところは聞いていないですし記憶がないので、そこはわからないです

 ――同じお店でずっと飲んでいたのか
浦田容疑者:その日は違うお店で飲んでいて何軒か回って飲んでいました

 ――被害者の女性が20代で、自身のファンと近い年代と近いことについて
浦田容疑者:年齢関係なく、そういうあり得ない行動をしてしまったことは申し訳なく思います

 ――示談は成立しているのか
浦田容疑者:そういうところは今、代理人の方と警察に任せているところなので、僕はまだちょっとわからないです

 ――記憶がないと言ったが女性に対しての行動はすべて事実として認めているのか
浦田容疑者:そういう風にお話をいただいたので、“あ、そうなんだ”という風に思いました

 ――釈放の説明はされたのか
浦田容疑者:そういうのもまだ警察の方とはお話ししていないです

 ――普段は酒を飲むとどうなるのか
浦田容疑者:飲まないときは本当に普段も飲まないです

 ――笑い上戸になると言っていたがどれくらいで
浦田容疑者:ビール4、5杯みたいなところですかね

 ――どういう性格になるのか
浦田容疑者:楽しいと思います。そういうところからの、きっと今回みたいなどんどん飲みすぎてしまって…っていう自分が止められなくなってしまった。そういう情けない自分が出てきてしまった部分だなと思います

 ――明るくなって楽しくなる?
浦田容疑者:そうですね。それで止まれればよかったんですけど…

 ――翌日に二日酔いが抜けたのは何時くらい?
浦田容疑者:ちょっと覚えていないです

 ――一部の報道で、自身のことを知らないと言われて暴力を振るったということだが、認知度で悩みを抱えてたりとかは?
浦田容疑者:悩みを抱えてたことはないです

 ――もっと知ってもらいたいとか?
浦田容疑者:もちろんグループとして大きくそれぞれソロでも活動していてグループでも活動しているので皆さんから知ってもらいたいなという気持ちはたくさんあります

 ――酒量は少なくとも10杯以上か
浦田容疑者:飲んだと思います。(30杯あたりから)そこらへんから記憶がない

 ――引退が頭によぎったことは
浦田容疑者:無期限とかは考えていなくて、今の気持ちが活動自粛したいという気持ちなので、まだそこまでは会社とは話せていないので、これからどういう形で皆様にしっかり謝罪の気持ちが伝えられるかなっていうところを考えていきたいなと思っています
 
 ――当面自粛ということか
浦田容疑者:そうですね、今の気持ちでは活動自粛したいって思ったので、そこから会社と話してどうなるかはまだわからないので

 ――決まっていないということか
浦田容疑者:そうです

 ――急に復帰ということも可能性としてあるか。27日に10周年ファンクラブのイベントがあるが
浦田容疑者:今のこの気持ちでは考えられないです。まだ先のことは考えられない

 ――事件のあったコンビニは?
浦田容疑者:本当に3軒目から記憶がないので、どこかもわからず、帰ったのもわかっていないので、わからないです

 ――普段使っているのか
浦田容疑者:その場所がわからないです

 ――警察からも聞いていない?
浦田容疑者:はい。そうです

 ――今の自分の気持ちが自粛だと
浦田容疑者:そうです

 ――何も決まってはいない?
浦田容疑者:今話させてもらってる状態です

 ――決定していることは一切ない?
浦田容疑者:自粛をさせていただくってことだけです

 ――自粛とはどんなものをイメージしているか
浦田容疑者:すべての活動です

 ――音楽?
浦田容疑者:すべてです

 ――どこにも出ないということか
浦田容疑者:はい

 ――謹慎に近いということか
浦田容疑者:僕から自粛させていただきたいということを会社に相談させていただきました

 ――自身から自粛ということか
浦田容疑者:はい

 ――その間ずっと自宅にいるということか
浦田容疑者:そこまで気持ちは考えられていないです

 ――被害にあった女性には直接会って謝罪という気持ちは
浦田容疑者:代理人の方にお話をさせていただいているところなので、今後も代理人の方にまずはお話させていただいて、決まっていくとおもいます

 ――自身の気持ちは
浦田容疑者:もちろん謝罪の気持ちは、被害に遭われた方へご迷惑をおかけした気持ちはあるので、今はその気持ちでいっぱいなところです

 ――直接対峙(じ)して謝罪したい?
浦田容疑者:謝罪したい気持ちはあります

 ――警察から何も説明はないのか
浦田容疑者:警察の方からは場所とかは詳しくは聞いてないです

 ――調書はとったのか
浦田容疑者:はい

 ――メンバーがSNSでお詫びを出したが
浦田容疑者:まだ見れていないです

 ――西島は大阪でライブを開催中だが、メンバーに会って最初の一言目は何を伝えたいか
浦田容疑者:本当にごめんなさいですね。一番最初に伝えたいのはやっぱりごめんなさいという気持ちと、申し訳ない気持ちと、一緒にやってきてくれたのにこんな裏切り方をして本当に申し訳ないって気持ちを、もう言葉ではなく気持ちですね、伝えたいです

 ――引退はない?
浦田容疑者:今はまだそこまでの気持ちでは…そういう気持ちを考えるまでの余裕がないです

 ――これからどのように過ごしていくか
浦田容疑者:被害者の方に申し訳ないって気持ちと、本当に自分の後悔と、反省の気持ちと、たくさんいろいろな方に迷惑をかけてしまったので、まずはちゃんとそこで謝罪できるようにしていきたなと思います

引用:スポニチ(https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2019/04/21/kiji/20190422s00041000098000c.html)

 

AAAからの脱退や芸能界引退については明言していませんでしたが、「もう一切飲まないです。もう飲むつもりもなければ飲む気にもなれない」と断酒することを誓っていました。

 

 

 

まとめ

 

浦田直也容疑者が逮捕された状況や殴ってしまった理由についてまとめました。

 

AAAの今後の活動についてファンは心配でしょうし、他のメンバーへの影響が心配されます。

 

浦田直也容疑者が謝罪会見を行い、被害女性や世間の皆様に対して謝罪した行くこと、そして断酒をすることを誓っていました。

 

今後の浦田直也容疑者のいないAAAの活動はどうなってしまうのか。