貴乃花親方の画像

 

貴乃花親方が2018年9月25日に

日本相撲協会に退職届を提出したことが報じられました。

 

貴乃花親方は記者会見を開き、退職理由について説明しましたが

その理由は日本相撲協会による圧力が原因でした。

 

今回は、貴乃花親方が日本相撲協会を退職する理由や

日本相撲協会による圧力についてまとめました!

 

貴乃花親方の退職理由は?

貴乃花親方は日本相撲協会を退職することを2018年9月25日に発表し、

その理由について記者会見で語りました。

 

 

本年3月9日、貴ノ岩の傷害事件に対する協会の対応に対して、内閣府公益認定等委員会に告発状を提出した。

その後、弟子の不始末もあって、告発状を取り下げ、降格処分を真摯に受け止め、一兵卒として親方の業務、審判業務に粛々と従事してきた。

しかし、8月7日、外部弁護士より書面が届いた。

告発状は事実無根な理由でなされたもの、と結論付けられていた

私は事実無根ではないと書面で説明して参りましたが、親方を廃業せざるを得ないという有形無形の要請を受け続け、告発内容は事実無根であることを認めるように要請され続けた。

真実を曲げて、告発は事実無根だと認めることは私にはできない。

このままでは、私は一門に所属することが出来ず、力士は相撲に精進できない。

断腸の思いだが、千賀ノ浦部屋に所属先を変更させていただき、私は年寄を引退する苦渋の決断をした。

朝日新聞デジタルより引用)

 

貴ノ岩関の傷害事件で日本相撲協会が発表した内容が

事実とかけ離れているということで、貴乃花親方は内閣府に告発状を提出

 

しかしその告発状が「事実無根」であると結論づけられてしまい

貴乃花親方は嘘を認めるわけにはいかないということで退職を決めたようです。

 

貴ノ岩の傷害事件で食い違う意見

そもそも、貴ノ岩関の傷害事件では

どのように貴乃花親方と日本相撲協会側の意見が

食い違っていたのでしょうか?

 

改めて傷害事件についてまとめました。

 

貴ノ岩関の傷害事件とは

2017年10月25日深夜から26日未明に、

鳥取市内の飲食店で行われたモンゴル出身力士同士の酒席の場で、

日馬富士関が貴ノ岩関に暴力を振るったという事件。

 

貴ノ岩の画像

 

貴乃花親方は10月29日に鳥取県警に被害届を提出し、

貴ノ岩関は九州場所を初日から休場しました。

その暴行問題が発覚したのは11月14日。

 

日馬富士関は暴行を認めて謝罪し、11月29日に引退届を提出しました。

 

日馬富士関の画像

 

また、現場に同席した白鵬関や、鶴竜関も日本相撲協会から減給処分。

 

日馬富士の師匠である伊勢ケ浜親方は理事を辞任し、

貴乃花親方は事件後の対応に問題があったとされ、史上初めて理事を解任されました。

 

この暴行事件で、日本相撲協会側と

貴乃花親方の言い分にいくつか食い違う点があったのです。

 

日本相撲協会の画像

事件の発端について相撲協会は、

錦糸町のバーで白鵬関の友人と貴ノ岩関が激しい口論となり、

「俺は1月場所で白鵬に勝った。これからは俺たちの時代だ」と発言したと発表。

しかし、貴ノ岩関は

少し口論になったが激しい口論にはなっていない」とし、

上記のような発言もしていないというのです。

また、白鵬関が日馬富士関の暴行を止めたタイミングについても食い違う点がありました。

 

相撲協会は、日馬富士関が貴ノ岩関をリモコンで数回殴った時に止めに入ったとしていますが、

貴ノ岩関によるとリモコンで殴ったときはただ見ていただけで、

日馬富士がアイスピックを取り出してから、ようやく個室の外へ連れ出したと言います。

さらに診断をめぐっての食い違い診断書についても食い違いが生じていました。

 

貴ノ岩関が九州場所を休場した理由について当初は、

頭蓋底骨折、髄液漏れの疑いの「重傷」と書かれていましたが

相撲協会は「相撲に支障はない。『重傷』という報道に驚いている」と発表したのです。

 

これらの食い違いについて、貴乃花親方は

「被害者である貴ノ岩は何ら弁明する機会を与えられていない。

公平性が欠けているところに相撲協会に対して強い疑問を抱いています」とし、

 

日本相撲協会が発表した事実とかけ離れている情報が多すぎるとコメントしていました。

 

日本相撲協会のパワハラ?いじめ?

上記ような食い違いがある中で、

貴乃花親方は日本相撲協会の対応について告発状を内閣府に送りましたが

結果的にその告発状は「事実無根」だと取り下げられてしまったのです。

 

そして日本相撲協会は貴乃花親方に

告発状の内容が事実無根であることを認めるよう要請し続けたとのこと。

 

そして、認めないと貴乃花親方は廃業せざるを得ない状況に

追い込まれてしまったようです。

 

協会理事会で、すべての親方は一門のどこかに所属しないといけない、

しないと部屋を持つことができないとの決定がなされたため、

貴乃花親方はいずれかの一門に入らなければなりませんでした。

 

貴乃花親方の画像

 

相撲協会は、一門に入るための条件として、

告発の理由は事実無根の内容に基づくものと認めるよう圧力をかけていたのです。

 

しかし貴乃花親方は嘘を認めるわけにはいかないということで

日本相撲協会を退職することにしたようです。

 

貴乃花親方を応援する声多数

貴乃花親方が相撲協会を退職することを発表し、ネット上では

「貴乃花親方がかわいそう」

「日本相撲協会のパワハラだ」

という意見が多く挙がっています。

 

 

 

 

日本相撲協会と貴乃花親方のどちらが真実を語っているのかは分かりませんが

世間の意見としては貴乃花親方を味方する声が多く挙がっています。

 

真相が明らかになり、

貴乃花親方の思いが報われる日が来ることを願います。

 

 

まとめ

貴乃花親方が日本相撲協会を退職する理由や

日本相撲協会による圧力についてご紹介しました!

 

多くの人が貴乃花親方を応援する中、

今後日本相撲協会はどのような対応をとっていくのでしょか?

 

今後の展開にも注目ですね。