冷蔵庫の画像

 

台風や雷などの災害時によく発生する停電ですが

家の電化製品の電源が切れてしまうので困りますよね。

 

特に夏場は冷蔵庫・冷凍庫の中身も心配なところ。

 

今回は、停電した時に

冷蔵庫や冷凍庫の食材をできるだけ長持ちさせるための

対処法や対策についてまとめました!

 

停電したら冷蔵庫・冷凍庫はどうしたらいい?

温度上昇を抑えるためには?

・停電中に、食品や凍っていない保冷剤を新たに追加したり、

大量の氷を作ることは、冷蔵庫内の温度を上昇させてしまうので避けましょう

 

・停電中はできるだけドアの開閉は控えてください。

室温30度の時に冷蔵庫を開けると、

5秒程度あけるだけでも、冷蔵庫温度が1~3度上昇すると言われています。

 

・停電復帰後も冷蔵庫内の温度が上昇しているため、

停電復帰後しばらくは、ドアの開閉をできるだけ控えてください。

 

 

凍った保冷剤や袋に入れた氷を冷凍食品の周囲に配置すると、

食品の温度上昇を抑えることができます。

 

冷蔵庫は食材を詰め過ぎると冷えにくくなります

特に冷気が吹き出してくる部分に食材を置いて塞いでいると、

冷蔵庫内に冷気が循環しません。

冷蔵庫内に余裕を持たせて、効率良く冷気が循環するようにしておきましょう。

 

・逆に、冷凍庫の場合は隙間なく食材や保冷剤が詰まっているほうが、

食材がお互いに冷やし合うので保冷効果が高く、長持ちします。

 

食材は何時間くらい大丈夫?

季節や時間帯にもよりますが

冷蔵庫・冷凍庫ともに3時間程度であれば

中の冷気が残っているので特に影響はありません。

 

全く開けなければ10時間ほど持つと言われています。

 

半日程度でもそれほど心配することはありませんが

お肉や卵・乳製品など傷みやすい食材は気をつけたほうがいいですね。

 

特に心配な食材だけでも冷凍庫の方に移動させても良いでしょう。

 

 

また傷みやすい食材から早めに食べておくか、

ガスが使えて調理できるのであれば

火を通して調理してしまいましょう!

 

ちなみに、私は夏に半日ほど停電してしまったことがあるのですが

あまり冷蔵庫や冷凍庫を開けないように気をつけていたところ、

冷凍食品もほとんど溶けていませんでした。

 

まさにその時は偶然にも冷蔵庫の中身は少なめで

冷凍庫にはたくさん入れていたので

冷蔵庫も冷凍庫も、気温があまり上がらずにすんだのだと思います。

 

普段からできる冷蔵庫・冷凍庫の停電対策

冷蔵庫の中身を整理しておく

あまりたくさん詰め込みすぎず、余裕を持って食材を入れるようにしましょう!

 

また、どこに何があるのかを把握しておけば、

停電時にすぐに食材を取り出すことができるので

冷蔵庫を開ける時間を短縮できます。

 

冷蔵庫を涼しい場所に置くようにする

できるだけ日の当たらない涼しい場所に

冷蔵庫を配置しておくようにしましょう。

 

停電の時だけでなく、普段の節電にも効果的です^^

 

まとめ

停電した時に

冷蔵庫や冷凍庫の食材をできるだけ長持ちさせるための

対処法や対策についてご紹介しました!

 

いざという時のために、

日頃からできる対策はしておくよう意識しましょう^^