ふたご島からの脱出の画像

 

数々の謎解きイベントの企画・運営をする株式会社SCRAPが手がけた

脱出ゲームを本で楽しむことができるという「脱出ゲームブック」。

 

その中の「ふたご島からの脱出」で遊んだので

今回は所要時間や感想、難易度などをご紹介していきたいと思います^^

 

脱出ゲームブックとは

最近、全国で話題沸騰中のリアル脱出ゲーム

 

このリアル脱出ゲームのパイオニアとして、

全国の謎解きイベントの企画・運営などを行う日本の企業、株式会社SCRAPが、

自宅でも手軽に謎解きを体験できる「脱出ゲームブック」というものを出版しています。

 

”謎解きの本”というと、謎解き問題がたくさん用意されていて、

どれだけ解けるかを試す問題集のようなものを想像する方もいるかもしれません。

 

しかしSCRAPが出版している謎解きゲームブックは、それとは違います。

 

謎を解く要素もありながら、小説を読んでいるかのような没入感もあって、

読み手の選択や進め方によってストーリーが展開されていくようになっているのです^^

 

まさに、リアル脱出ゲームを自宅で体験しているような感覚。

 

ふたご島からの脱出 少年は戻りたいと思った。少女は救いたいと願った。 (脱出ゲームブック) [ SCRAP ]

価格:2,160円
(2018/9/3 18:07時点)
感想(8件)

 

全世界で熱狂的なファンを生み続けている体験型ゲームイベント「リアル脱出ゲーム」の魅力を詰め込んだゲームブック。読み手の選択によってストーリーが展開する ゲームブックのスタイルを踏襲しながらも、本ならではの難易度の高いパズル・謎解き要素をミックスし、デジタルゲームでは味わえない、より深く物語に入ったような感覚をもたらす。もちろんゲームクリア=「脱出成功」である。

SCRAPホームページより引用)

 

既に、4冊ほど出版されている中で、

今回は、脱出ゲームブックvol.2『ふたご島からの脱出』を遊んでみたので

感想などご紹介していきます^^

 

「ふたご島からの脱出」のクリアまでの所要時間

私が脱出ゲームブック「ふたご島からの脱出」を

クリアするまでにかかった時間は約12時間ほどでした!

 

2人で読み進めて遊んだのですが、

1日2時間くらい遊んで6日間で脱出成功

 

かなりボリュームがありました^^

 

ちなみに、私は脱出ゲームが好きで

何度かリアル脱出ゲームで遊んだりもしているので

謎解きには多少慣れている中級者という感じです。

 

これまで謎解きをあまりやったことがない人は

もう少し時間がかかるかもしれませんし

謎解き上級者はもっと早くクリアできるかもしれません。

 

目安として参考にしていただければ^^

 

「ふたご島からの脱出」の難易度

個人的には、結構難しいなと感じました。

 

ひらめき・想像力が必要な問題もありましたが

数学っぽい問題が多いので、

数学や計算が苦手な方にとっては難しく感じるでしょうし、

数学が得意な方にとっては簡単かもしれません。

 

ふたご島からの脱出の画像

 

途中までは割とスムーズに進められましたが

最後の問題が難しかったです!

 

解くのに結構時間がかかりました。

 

「ふたご島からの脱出」の感想

今回、初めて「脱出ゲームブック」で遊びましたが

かなり面白かったです!

 

自宅で手軽にリアル脱出ゲームをしている気分になれますし

リアル脱出ゲームよりもお手頃価格で長時間楽しめるのでオススメです。

 

謎を解かなければ物語を読み進められないので

自分がストーリーに入り込んだような没入感が味わえます^^

 

また、本を読むだけでなく

MAPやメモなどの付録も使って謎を解いていくので面白かったです。

 

 

 

また、『ふたご島からの脱出』の最大の特徴は

2冊組になっていて、2冊同時に読み進めていくところ。

 

1人でも2人でも遊べます!

 

2人で遊ぶ場合は、

それぞれ別々の冊子を読み進めてもいいし

一緒に2冊を交互に読んでいくのもありです。

 

今回私は2人で遊びましたが

一緒に2冊を交互に読んで進めました。

 

お互いに1人ではなかなか思いつかないアイデアを出し合えるので

2人で遊ぶのもオススメです^^

 

 

まとめ

脱出ゲームブック「ふたご島からの脱出」の

難易度や所要時間、感想をご紹介しました!

 

とても楽しめたので、

脱出ゲームや謎解きが好きな方にはぜひオススメします^^