天国に一番近い島」というキャッチフレーズで有名なビーチリゾート・ニューカレドニア

ハネムーンで行ってきたので、体験談を交えてご紹介します^^

海が綺麗で、本当に天国のようでした!

 

 

旅費

HISの8日間のハネムーンツアーに1日プラスして、8泊9日で申し込みました。

ツアー料金やホテル・飛行機代・写真撮影、全て込みで、2人で130万円ほど

ホテルは全てランクが上のホテルだったので、金額は高くなってしまいましたが、せっかくの新婚旅行なので贅沢しました^^

 

飛行機

飛行機、エアカランの画像

Aircalin(エアカラン)という航空会社で、東京(成田空港)・大阪(関西国際空港)から直行便が出ています

飛行時間は、東京からだと8時間・大阪からだと8時間半です。

乗り換えすることなく直行便で行けるのは嬉しいですね^^

 

客室乗務員はフランス人が多かったですが、日本人の方もいました。

アナウンスはフランス語・英語・日本語でした。

 

 

ニューカレドニアの言語

フランス語

フランス領なので、公用語はフランス語です。

ホテルやレストランでは英語が通じるので、英語が話せれば旅行には問題なしです♩

日本語が話せるスタッフがいるホテルやレストランも多いので安心でした。

フランス語の簡単な挨拶を覚えておくと、より楽しめると思います^^

・ボンジュール(こんにちは)

・メルシー(ありがとう)

上の2つの挨拶は言われることが多かったです。

 

ニューカレドニアの通貨

パシフィックフラン

ニューカレドニアの通貨の画像

タヒチとニューカレドニアのみで使われる通貨。

CFPまたはXPFという表記で書かれています。

1CFP(パシフィックフラン)=0.93円くらいです。(2017年4月時点)

お札は日本の紙幣よりも小さめで、カメや魚が描かれていて南国の雰囲気が出ていて可愛いですね^^

だいたいのお店はクレジットカードが使えたので、私はほとんどカードで支払いました。

 

時差

ニューカレドニアは、日本より2時間進んでいます

日本が10:00の時に、ニューカレドニアは12:00。

あまり時差が大きくないので、時差ボケすることなく過ごせました♩

 

 

ニューカレドニアの気候

季節は日本と逆で、日本が夏の時にニューカレドニアは冬です。

私は2月に行ったので、ニューカレドニアは夏でした。

晴れの日は日差しが強く、結構暑いな〜と感じました。

あっという間に日焼けして、お風呂に入る時にヒリヒリしました><

夏に行くなら日焼け止めは必須です!

 

曇りの日はそんなに暑いとは感じず、過ごしやすかったです。

雨が降ると結構ムシムシして湿度が高いなと感じました。

 

ちなみに、蚊がいて結構刺されたので、虫除けも持っていくのをオススメします

日本の蚊とそんなに変わりはなかったです。

 

水上コテージ

ニューカレドニアの水上コテージの画像

ニューカレドニアのメトル島という島で水上コテージに宿泊しました!

 

水上コテージから直接海に入ることが出来て、沢山の魚を見られました。

ウミガメやウミヘビ、エイなども見ることが出来て嬉しかったです^^

運が良ければジュゴンも見られると聞いていたのですが、私が行った時には残念ながらジュゴンは見られなかったです。

満潮時に見られる確率が高いそうです。

 

まとめ

ニューカレドニアは海が綺麗で、本当に癒されました。

新婚旅行先としてオススメします^^