尾畠春夫の画像

山口県で行方不明だった2歳児の男の子を発見した

尾畠春夫さんのボランティア精神が素晴らしいと話題になりました。

 

今回は、そんな尾畠春夫さんの職業や経歴などプロフィールをまとめました!

 

山口県2歳児の男の子発見について

山口県周防大島町で2018年8月12日から行方不明だった2歳の男の子藤本理稀ちゃんが、

3日後の8月15日朝6時50分に発見されたと報じられました。

 

発見したのは市民ボランティアとして捜索に参加していた尾畠春夫さん。

 

3日間警察や消防・地域住民が全力で捜索して見つからなかったのですが、

尾畠春夫さんが捜索開始してからわずか30分足らずで藤本理稀ちゃんを発見したというのです。

 

涙ながらに「小さな命が助かったことが嬉しかった」と語る尾畠春夫さん。

 

本当に素晴らしい人だと思いました!

 

尾畠春夫さんが藤本理稀ちゃんを発見した方法

尾畠春夫さんは捜索に参加する直前に報道の取材を受けており

「大分から来て、会えそうな気がする」と語って捜索を開始。

 

そしてなんと、20分後に藤本理稀ちゃんを抱きかかえて降りてきたのです。

尾畠春夫の画像

 尾畠春夫さんは

「大分の佐伯で2歳の女の子を探した経験から下るということはないと思っていた。

不思議なもんで、子どもっていうのは、上に上がるのが好きみたい」

と話していたとのこと。

 

今朝は家族から行方不明になった場所を聞いて、

さらにカラスが騒いでいる動きを見て「絶対この上にいるなと確信した」といいます。

 

尾畠春夫さんが山に入って藤本理稀ちゃんの名前を叫びながら歩いていると

藤本理稀ちゃんから「おじちゃん、ここ!」という声が帰ってきたようです。

 

カラスが騒いでいる動きで場所を特定できるだなんて、

尾畠春夫さん、只者ではないですね。

 

また、記者に座右の銘を尋ねられた尾畠春夫さんは「朝は必ず来るよ」と答え、

藤本理稀ちゃんには「人の痛み、悲しみのわかる人間になってくれたら」と話していたそうです。

 

まだ幼い藤本理稀ちゃんですが、

きっと大きくなって尾畠春夫さんの言葉は忘れないことでしょう。

 

尾畠春夫さんの職業や経歴は?

では、そんな尾畠春夫さんの気になる経歴や職業など

プロフィールをご紹介したいと思います!

 

名前:尾畠春夫(おばた はるお)

年齢:78歳

出身:大分県速見郡日出町

職業:元魚屋

 

尾畠春夫さんは65歳までは魚屋さんをやっていたそうですが

退職後は、「今まで周りの人にお世話になったから社会に恩返しをしたい

ということでボランティア活動を始めたそうです。

 

これまで尾畠春夫さんは

・2011年の東日本大震災で宮城県南三陸町でボランティア活動

・2004年の新潟県中越地震の被災地でボランティア活動

・2016年末に大分県で行方不明になった女児の捜索ボランティア活動

など、積極的にボランティア活動に参加していました。

 

過去にインタビューで

今の自分があるのは周りの人のおかげ、

困っている人がいれば手を差し伸べるのは当たり前

と語っていた尾畠春夫さん。

 

当たり前のことのように思えることですが、

実際に行動に移すことができる人はなかなかいないものだと思います。

 

尾畠春夫さんを見習って、

困っている人に積極的に手を差し伸べられるようになりたいものですね。

 

 

尾畠春夫さんたくさんのボランティア経験があったからこそ今回も、

藤本理稀ちゃんを発見することができたのでしょう!

 

 

まとめ

山口県で2歳児の男の子を発見したボランティア尾畠春夫さんの

職業や経歴などプロフィールをご紹介しました!

 

尾畠春夫さんの素晴らしいボランティア精神には感激しました。

 

なにより、2歳児の男の子藤本理稀ちゃんが無事に見つかって本当に良かったです!