竹内涼真の画像

俳優の竹内涼真さんは、サッカーワールドカップで

TBSのスペシャルサポーターを務めましたが、

竹内涼真さん自身もプロサッカー選手を目指していた過去があったのです。

 

しかし、故障によりプロの道を断念し、芸能界に進むことになりました。

 

今回は、竹内涼真さんがプロのサッカー選手を目指していたということや、

怪我の場所についてまとめました!

 

関連記事↓

竹内涼真ワールドカップのサポーターで人気・好感度が急上昇!その理由は?

本田圭佑と岡崎慎司が敬礼ポーズをする理由や意味、2人の関係性や仲は?

本田圭佑バセドウ病は嘘?本当?なぜ病気を公表しない?その理由は

 

竹内涼真さんはプロのサッカー選手を目指していた

竹内涼真さんは5歳の頃からサッカーを始め

小学生の時にはヴェルディーサッカースクール相模原という

プロサッカーチームの下部組織であるユース入りも念頭に置いた本格的なクラブに入団しました。

 

そして高校時代はプロチームの下部組織であるヴェルディーユースという、

サッカーの実力がないと入れないチームに所属します。

 

竹内涼真の画像

 

ヴェルディーユースの選手のレベルはかなり高く、

竹内涼真さんはなかなか試合に出させてもらえないという挫折も味わったそうです。

 

 

竹内涼真さんの同期には

名古屋グランパスの杉本竜士選手

モンテディオ山形所属の南秀人選手

FC大阪所属の舘野俊祐選手

ブリオベッカ浦安所属の田中貴大選手

などがいます。

 

この4名ともJリーグでのプレー経験を持っていて、

杉本竜士選手と南秀人選手は今もJリーガーとして活躍している選手です。

 

竹内涼真さんはレベルの高い、凄い人たちと一緒にサッカーをしていたのですね!

 

ハイレベルだからこそ、試合になかなか出られないという挫折もあったのでしょう。

 

それでもヴェルディーユースに入っていた竹内涼真さんのサッカーの実力は高く、

サッカー推薦で立正大学に入学しました。

 

しかし20歳の時に怪我を負ってしまったことがきっかけで

プロのサッカー選手の道を断念することになったのです。

 

竹内涼真さんの怪我・故障の場所は?

竹内涼真さんは20歳の時に右足首を骨折してしまいました。

 

足首を骨折してしまうと完全に元に戻ることはないようで、

ボールをコントロールしたり走り回ったりするサッカー選手にとって、足首の怪我は致命的です。

 

怪我の治療に専念した竹内涼真さんですが、

その間にも同僚が次々と日本代表に選ばれていく姿や彼らの実力を見て、

「自分はプロにはなれない」とプロの道を断念することにしたのです。

 

「いまでもなれるものならなりたい」と

プロへの道を断念せざるを得なかった悔しさを語ったこともあったそう。

 

竹内涼真の画像

 

2017年に竹内涼真さんが主演を務めたドラマ「陸王」でも

故障に苦しむ陸上選手の役を演じたことがありましたが、

過去の自分自身と重ね、思い入れがあっただろうと思います。

 

まとめ

竹内涼真さんがプロサッカー選手を目指していたということや、

怪我の場所についてご紹介しました!

 

故障によりプロのサッカー選手として活躍することは出来なかった竹内涼真さんですが、

今後もサポーターやコメンテーターなどの方面から

サッカーに携わって活躍していってほしいですね♪

 

関連記事↓

竹内涼真ワールドカップのサポーターで人気・好感度が急上昇!その理由は?

本田圭佑と岡崎慎司が敬礼ポーズをする理由や意味、2人の関係性や仲は?

本田圭佑バセドウ病は嘘?本当?なぜ病気を公表しない?その理由は