本田圭佑の画像

サッカー日本代表の本田圭佑選手が、

バセドウ病という病気なのではないかと噂になっています。

 

しかし本田圭佑選手本人は、病気については公表・カミングアウトはしていませんし

否定もしていないのです。

 

本田圭佑選手がバセドウ病というのは嘘・ガセ情報なのでしょうか?

 

また、もし本当だったとしたら、

なぜ本田圭佑選手は病気を隠しているのでしょうか?

 

今回は、本田圭佑選手が本当にバセドウ病という病気なのか

またなぜ病気を隠しているのかという理由についてまとめました!

 

関連記事↓

本田圭佑と岡崎慎司が敬礼ポーズをする理由や意味、2人の関係性や仲は?

竹内涼真プロサッカー選手を断念した理由・原因は故障?怪我の場所は?

竹内涼真ワールドカップのサポーターで人気・好感度が急上昇!その理由は?

 

本田圭佑選手がバセドウ病と言われている理由

本田圭佑選手がバセドウ病だと言われるようになったのは

目の様子がおかしいと話題になったからです。

 

2000年代の頃の本田圭佑選手の目は普通だったのですが、

2013年頃から目がおかしいと言われるようになりました。

 

 

バセドウ病の特徴として、

「目つきが鋭い・おかしい」

「眼球が前に出る」

ということがあります。

 

本田圭佑選手の目が、バセドウ病患者の目の特徴と同じような感じだったので

「バセドウ病なんじゃないか?」と言われるようになったのです。

 

本田圭佑選手の画像

本田圭佑の画像

画像を見ると、確かに目の様子がおかしいですね。

 

バセドウ病の症状とも一致しています。

 

また、本田圭佑選手は2013年に首元を手術しているのですが

バセドウ病の手術も首元の「甲状腺全摘術」という手術なので、

本田圭佑選手がバセドウ病なのではないかいう噂はさらに広まりました。

本田圭佑の画像

本田圭佑の画像

↑本田圭佑選手が首元にテープを貼っています。

 

それ以外のバセドウ病の特徴としては

・疲れやすい

・イライラする

・集中力が低下する

・汗をかきやすい

・微熱

などがあります。

 

また、バセドウ病の患者は1000人中2~6人いると言われており、

女性患者が男性患者より5倍と多いのも特徴です。

 

本田圭佑選手は本当にバセドウ病?

目の様子や首元の手術痕がバセドウ病の特徴と一致しているのですが

本当に本田圭佑選手はバセドウ病なのでしょうか?

 

本田圭佑選手の目の様子がおかしいことについては

レーシックの手術に失敗したからではないかという噂もありましたが

それについては本田圭佑選手が否定しています。

 

本田圭佑選手は2012年にレーシックの手術を受けているのですが、

失敗したという噂についてインタビューで否定していました。

 

【司会】
ところで本田選手がレーシックを受けたことに対してネガティブな報道が多かったんですがそのあたりをどう感じましたか?

【本田選手】
僕もそのネガティブな報道については知っていたんですけど、まあ、この結果を見てもらって、僕自身何の後悔もないですから、むしろ助けられている部分が多いですから。

(DIAMOND ONLINEより引用)

 

本田圭佑選手はレーシック手術を受けて満足しているようですし

レーシック手術の失敗で目がおかしくなったということは無いようです。

 

レーシックの失敗では無いということは上記のようにインタビューで回答しているのですが

バセドウ病についてはハッキリと否定はしていません

 

2014年には首元の手術痕について質問された際に、本田圭佑選手は

「自分の口から手術したと言ったことはないし、

今ここ(代表)にいるというだけで、十分じゃないか」

(東スポより引用)

と話したそうです。

 

 

また、日刊スポーツの頸部手術歴に関する問いには、

「何もないよ。何でもない」とだけ語り、

病名と手術時期については明言を避けたそうです。

 

レーシックの失敗という噂については否定していたのに

バセドウ病の噂については否定しないというのは少し不自然ですよね。

 

やはり本田圭佑選手は

バセドウ病なんじゃないかと思ってしまいます。

 

しかし、J1鹿島のチームドクターを務める関純・西大宮病院院長は、

以下のように意見を述べていました。

 

「目が腫れたり、眼球が出た感じになっていたりと、確かにバセドー病と思われる症状が見られますね。手術痕を見た限り、甲状腺の腫瘍を除去したものではないか、と考えられます。通常、バセドー病で手術はしませんから。おそらく、バセドー病の影響というより、腫瘍ができたせいでホルモンバランスが崩れて手術に踏み切ったものでしょう」

「詳しい病状は分かりませんが、それほど重いものとは思えません。バセドー病だとしてもプレーへの影響はそれほどないでしょう。コスタリカ戦でも動けてませんでしたが、コンディションの問題だと思います。手術の影響で試合に出られず、練習ができなかったことの方が問題。今後は良くなっていくのでは」

(東スポより引用)

 

上記のようにJ1鹿島のチームドクターは、

「バセドー病ではなく、腫瘍ができたため手術をしたのではではないか」と

意見を述べていました。

 

またこのチームドクターは「通常バセドウ病で手術はしない」と語っていますが、

バセドウ病でも手術する場合もあるようなので

完全にバセドウ病ではないと否定はできないと思います。

 

しかしチームドクターが言っているように、

本田圭佑選手が仮にバセドウ病だったとしても症状は軽いのかもしれないです。

 

バセドウ病は、疲れやすいということで

常にジョギングをしているような状態という特徴があります。

 

そのような症状だったとしたら、サッカーの日本代表としてプレーするのは

難しいのではないでしょうか。

 

なので、手術をして改善したか

あるいは症状は軽いものだと思います。

 

本田圭佑選手はなぜ病気を隠す?その理由は

ではなぜ本田圭佑選手は、

バセドウ病について名言しないのでしょうか?

 

インタビューで手術について聞かれたりしても

「何もないよ。何でもない」

「自分の口から手術したと言ったことはないし、

今ここ(代表)にいるというだけで、十分じゃないか」

などと答えています。

 

本田圭佑選手がバセドウ病について明言しない理由として、

バセドウ病であるということを公表すると

今後の選手生命に影響が出るということも考えられます。

 

疲れやすかったり精神的に不安定になるという症状がある病気なので

サッカー選手としては致命的です。

 

バセドウ病であると公表すると、代表に選ばれにくくなったりと

影響が出る可能性があるのであえて伏せているのかもしれません。

 

また、いくら症状が軽かったとしても

応援してくれている人やチームのメンバーに心配をかけたくないという気持ちや

病気というフィルターをかけてプレーを見て欲しくないという思いから

公表していないということも考えられます。

 

努力家でサッカーに対する意識が高い本田圭佑選手ですから

「病気なんて関係ない!」

という気持ちがあるのではないかな?と個人的には思います。

 

 

まとめ

本田圭佑選手がバセドウ病という噂は本当なのかということや

なぜ病気について公表していないのかという理由についてご紹介しました。

 

本人が明言していない以上は、バセドウ病というのが本当か嘘かは分かりませんが

サッカー日本代表選手として活躍している本田圭佑選手の実力は本物です!

 

仮にバセドウ病だったとしても

トップレベルのサッカーのプレイをしている本田圭佑選手を

今後も応援したいと思います^^

 

関連記事↓

本田圭佑と岡崎慎司が敬礼ポーズをする理由や意味、2人の関係性や仲は?

竹内涼真プロサッカー選手を断念した理由・原因は故障?怪我の場所は?

竹内涼真ワールドカップのサポーターで人気・好感度が急上昇!その理由は?